大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 19日

材の木取り

現在作業場では、緑山の家)の手刻みも行われていますが、信州、紀州からの
材が一同に搬入されたため作業場が狭く、とりあえず加工をして搬出できる物から
刻んでいます。先ずは屋根垂木の加工から始まっていますが、この垂木が大変な物です。
60mmx120mmx4000mmの桧材を木取る訳です。
この寸法の材は、いつでもどこでも流通している材でございませんで、さて住み家ではどのように
確保するか少しお話いたします。
c0228241_21262172.jpg
60mmx120mm桧材の乾燥既製品が入手できれば一番楽なわけです。
流通が少ないとなれば、製材出来るところへ発注することになりますが、住み家の入手方法は
紀州方面、吉野材の豊富な松阪市場に行って落札した2面、3面無節という126mm角4000mm
の柱材を2つ割りにして確保すると言う物すごい発想のもと進んでいます。
c0228241_21424885.jpg
このような柱材を大量買いして背割れが真ん中にある物を拾い出ししての材確保です。
市場へ出荷した生産者からすると涙することでしょうが、私たち施工会社からすると
どんな方法も検討の対象としなければ仕事にならないわけでして。。。
化粧垂木ではございません。ごめんなさい と言いつつ加工しています。
高価な垂木材ですね109.png




# by sumi-ka2008 | 2017-07-19 22:00 | 緑山の家 | Comments(0)
2017年 07月 18日

経年変化

今日の相模原は午後から局地的な雷雨が発生しどしゃ降りとなりました。
竣工半年をすぎた相模原の古民家のお家で雨どいから水があふれるとの連絡を頂き
板金屋さんとお伺いいたしました。
原因は敷地内にある樫木が覆いかぶさっていて落ち葉が竪樋にバッチリと詰まって
水の流れを止めていました。
この現象は、どうすることもできない状態ですどんな手を打っても枯葉を阻止することが
難しいわけです。こまめのお掃除が一番ですが、、
現認が確認できて、雨も小降りになり広縁でお茶などいただきました。ごちそうさまでした。
玄関から広縁を見るとささら子造りの戸袋も落ち着いた色合いが出て来ていました、
c0228241_22465429.jpg


# by sumi-ka2008 | 2017-07-18 23:04 | 相模原の古民家 | Comments(0)
2017年 07月 17日

地盤調査

c0228241_15123171.jpg
緑山の家)地盤調査の様子です。地盤調査にはいくつかの方法があるようですが、
この調査方法は、表面波探査ということです。
地表面に設置したこの重量物から詳しくはわかりませんが周波数が出され人工地震を起こし
地中15mまでの調査ができるのだそうです。
地盤が軟弱な場合地盤改良が必要となります。
強度な地盤である報告を待つことにいたしましょう。


# by sumi-ka2008 | 2017-07-17 15:24 | 緑山の家 | Comments(0)