大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 30日

台持ち継ぎ

小平の家に使用します継ぎ手の一つ、台持ち継ぎ!
柱の上で継ぐために耐荷重には強い、
場所によっては、ボルト締めも出来る 化粧で表す場合、柱ほぞを通してくさび締めなども
台持ちの重なりも、場所により比率は、変えている。  大工の感だけでね041.gif
c0228241_20285592.jpg

手刻みは時間を要する。  なぜか?
材の適材適所の木くばり、判断から始まり このように仮組など、当たり、たわみ、継ぎ折れなど調整したりとそれはそれは、やること盛り沢山あるわけでして。037.gif
調整終われば、鉋かけしておきま~す。
c0228241_20412988.jpg


by sumi-ka2008 | 2012-01-30 20:42 | 小平の家 | Comments(2)
Commented by rain310 at 2012-01-30 23:48
きっと…建て方にならないと
わからない…f^^;
台持ち継ぎの墨付けを見ても…頭の中で組み立て出来なかった
図面に工法を書き出して墨付けするのですか?
Commented by sumi-ka2008 at 2012-01-31 20:14
rain310さん、  この台持ち継ぎは、横倒しになってますから
寝ころんで見ると、わかり良いかも、、フフフッ


<< 手作り      輝秀君 >>