大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 12日

緻密な感

刻みの制度を上げる定規を追加!
今回はウオーク材で作ってみました。
この定規前にも紹介しましたが、だいぶ前のことですのでもう一度。
c0228241_20374974.jpg
この定規がなければ刻めない物ではありませんが、刻んだ後確認する
定規なんです。
刻む段階で確実にこの定規にフイットするように刻まなければいけません。
c0228241_20383947.jpg
この写真で見るようにきっちりと密着したとき接合力を発揮します。
そして、何気に作ったように見えると思いますが、緻密計算されています。
ただ、感ですが、(^^♪
この定規に合わせておくと実際は、少しだけ大きく作られて実際の建物接合時は
固めにしっかりと組みあがります。
住み家の建て方で仮筋交いを打ち付けず建て上がるのは、こうした細かい考えの
積み重ねによるものと思います。



by sumi-ka2008 | 2017-09-12 21:20 | 職人技 | Comments(0)


<< 丸栓      玄翁 >>