大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:手刻み( 14 )


2017年 09月 11日

玄翁

作業場で刻み中の井上君、土曜日仕事終了後作業場に一人残り
2個の玄翁の柄を仕込んでいたようです。
彼のコレクションと言える玄翁を紹介。
叩き玄翁とだるま玄翁、どちらも200匁ほどはあるとおもわれますが、
柄の径が細い為物凄く重たく感じます。
ちなみに私の玄翁が見当たらず現在ゴムハンマにてノミの頭をたたいていますが、
軽くてノミがいたまなくて、111.png

c0228241_20305992.jpg
c0228241_20312080.jpg


by sumi-ka2008 | 2017-09-11 21:43 | 手刻み | Comments(0)
2013年 05月 31日

鎌アリ

住み家に塾生がきて2ヶ月近くになる
本日作業場仕事につき、育成塾の課題の一つ「鎌アリ継ぎ」の
手刻みを制作をさせて見る。
鎌アリの説明後、自由に刻ませてみる事に!
c0228241_2152365.jpg
c0228241_21531936.jpg
c0228241_21525084.jpg
c0228241_2153279.jpg

さて、見た目は、鎌継ぎに見えますが、どうでしょうね。071.gif
私の採点は、0点となります。
手刻みは、100点以外認められないんです。
塾生は、失敗した箇所は、しっかりとハークしてました。
何度目に100点とれますか。
次回に期待しましょう037.gif

by sumi-ka2008 | 2013-05-31 22:06 | 手刻み | Comments(0)
2012年 10月 23日

手刻みはなくなるのか

住み家へ新しい若い大工さんがきました。
c0228241_22262352.jpg

彼は、時の犠牲者でもあります。
まだ手刻みの墨付けをやった経験がないんですって
そう。彼らの時代、あのプレカット流行時代なんですね。
このような大工さんの時代となります。

住み家では、手刻みにこだわっているわけではなく
こだわらなければいけないと思っている訳です。

そして、彼は、今からでも本当の大工になりたいと住み家へやって来たんです。

by sumi-ka2008 | 2012-10-23 22:34 | 手刻み | Comments(2)
2012年 07月 10日

初墨付け

西つつじが丘の家手刻みも終了して、建て方を待つばかり。
この手刻みで活躍しました見習い君のお勉強は、墨付け刻み組み立て
全部自分で作ります。
c0228241_22265044.jpg

さて、何を作りますか。

More続き

by sumi-ka2008 | 2012-07-10 22:35 | 手刻み | Comments(2)
2011年 07月 29日

自然乾燥  0729

自然乾燥材作り!
この秋から始まる自社物件のために購入した杉構造材、かなり乾燥してますが、
グリーン材として購入してます。
今年の夏期過ごせばかなり乾燥見込めます。
屋根代わりにガルバリュウム波とたんをかぶせてお日様だのみ058.gif
1年ほど前からすこしずつ集めて、土台、柱、桁、すべてそろいました。
c0228241_2125064.jpg


by sumi-ka2008 | 2011-07-29 21:26 | 手刻み | Comments(2)
2011年 05月 22日

0522  感

大工に限らず職人は、感で仕事をこなしているところが。041.gif
良く言うならば、仕事のセンス。
非常に大事なことでして、若い時期に養われた、それです。
GENの感を証明する定規制作して見ました。
これですこれをどう使用するか想像してください!
c0228241_993281.jpg

  おわかりになりましたか? わかりませんよね。041.gif
気になる方は、次へお進みください。

Moreこれです

by sumi-ka2008 | 2011-05-22 09:05 | 手刻み | Comments(0)
2010年 12月 05日

1205  材の質!

「手刻みも色々」にて紹介いたしました継ぎ手「引きほそ」の収まった様子です。
シャチ栓、込み栓にてしっかりと引き寄せております。
c0228241_1917785.jpg

このような仕事、現在のような高温乾燥材では、難があると思われます。
手刻みには、材の質が重要です。

by sumi-ka2008 | 2010-12-05 19:25 | 手刻み | Comments(0)
2010年 11月 20日

1120  手刻みも色々

「東村山の家」進んでおりますが、

「住み家」で言う、「手刻み」とは、木造建築をただただ手で刻むと言うだけのものではありません。
手刻みにも、分けると二分するかと? 古来からの木組みによるものと、現代のプレカットのような金物に頼る手刻みです。
「東村山の家」は、この中間に位置するものでしょう。

継ぎ手の記録色々、今回は、三方差し引きほぞについて!
シャチ栓2+込み栓1使用の引きほぞ
c0228241_12235228.jpg
c0228241_12242698.jpg



この梁継ぎ手間に150角の通し柱があるわけです。
この接合は、金物に頼らず、シャチ栓、込み栓にての接合です。

このような手刻みの機会をいただきました方々に感謝です。

by sumi-ka2008 | 2010-11-20 22:11 | 手刻み | Comments(0)
2010年 11月 18日

1118  継ぎ手

上棟二日後の写真!
c0228241_21252266.jpg

次の写真は、この家に三カ所ある土台の継ぎ手ですが、
この継ぎ手、継ぎ手の名前あるのでしょうか?
加工しました私、継ぎ手の名前、わかりません!
引き寄せ、引っ張りには、良いと思いますが?
台持ちシャチ栓継ぎ??

ねこまパッキンは、腐食に強い「栗材」を使用30mm厚
c0228241_1228892.jpg


by sumi-ka2008 | 2010-11-18 21:36 | 手刻み | Comments(0)
2010年 11月 04日

1104  込み栓

次の写真は、家の角に立つ通し柱に組み込まれる梁材です。
「くさび」「込み栓」で固定します。
四角い穴に込み栓が入り材の小口にある穴には、角、対材の込み栓が入るように加工されてます。
込み栓の卦合い穴です。
込み栓を打込むことで、梁材を引き寄せます、
c0228241_12504779.jpg


by sumi-ka2008 | 2010-11-04 19:41 | 手刻み | Comments(0)