大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

ラッセル車

大雪!!
ちまたでは。2cm。。30cm,とニュースがながれていますが、
住み家の作業場は、35cmちかく積もっていた。
我がスーパーGLまるでラッセル車である。
道をラッセルして、やっとこさやってまいりました。042.gif
雪かきしとかないと、、材搬出出来な~い。。。
c0228241_21565391.jpg


by sumi-ka2008 | 2012-02-29 21:58 | 色々 | Comments(2)
2012年 02月 28日

基礎レベルは±0があたりまえ。

本日、小平の家では先行足場の工事でした。
先行足場、建て方安全確保、絶対条件ですね。

材料搬入と土台を敷く準備のため、  (準備とは基礎のレベル確認のため)

住み家では、レベルは±0が基本です。(とても厳しい条件ですが、あたりまえなんです)037.gif
今回「ねこま」に硬質ゴムパッキン20mmを使用しますために、削って調整不可。
基礎屋さんの腕頼りとなります。

検査結果、「合格」 限りなく±0でした045.gif
c0228241_21584725.jpg


by sumi-ka2008 | 2012-02-28 21:58 | 小平の家 | Comments(2)
2012年 02月 27日

シャチ栓

小平の家、本日手刻み材搬入で現場へ。
明日は、先行足場の工事となります。
   現場のUPは、この先で!

今回は、シャチ栓について、
小平の家では、40本ほど使用するシャチ栓!  
シャチ栓、込み栓は、製材して作るものではありません。

本来、斧でたたき割って作るものなんです。
なぜかと言うと、たたき割ることによって、目切れを避けることが出来ます。
ただただ、一本作るのに材のロス、また時間も要します。

今回、楢材の柾目を使用して、目に沿って製材して、目切れを回避してます。
c0228241_21363071.jpg


by sumi-ka2008 | 2012-02-27 21:37 | 小平の家 | Comments(4)
2012年 02月 26日

日曜日バージョン

日曜日は小田原へ、まだまだ続いております。
箱根の山も雲にすっぽりと覆われて、なんの映像もございません。037.gif

そこで、日曜日バージョン。
最近お客様に枝分けしていただいた「金のなる木」
2週間ほどになる、今のところ元気そうだ。。しっかりと根をはってくれよ。

この花、我が家にある花より派手な花が咲く。
どんな花が咲きますかは、咲いてからのお楽しみ037.gif!!
c0228241_20362363.jpg








と、なると何十年先のことかわからないので、続きで見れます。041.gif
フル画面でお楽しみくださいね。

More金のなる木。。。続き

by sumi-ka2008 | 2012-02-26 20:43 | 色々 | Comments(2)
2012年 02月 25日

孫の代まで

作業場にころがっていた端材!
さて。。これを何に使用するか?
c0228241_203957.jpg

    端材は利用すると製品、利用しないとゴミ。
    
    何が出来るかは、続きで。

More続き

by sumi-ka2008 | 2012-02-25 20:26 | 道具 | Comments(2)
2012年 02月 23日

材の使い方の勉強

受け継がれる職人の技の続きです。
建具屋さんも、私たち大工も教わってきました材料の使い方。

板材は、使い方によって木表にも木裏にもなるのです。
床材に見立てると、写真左が木表、右が木裏となります。
c0228241_21282044.jpg


では、なぜ人の触れる側に木裏を使用すると「ダメ」なのでしょうか。
わかりやすい模型を作って見ました。

  興味のある方は、 お見せします。

         続きで!

More続き

by sumi-ka2008 | 2012-02-23 21:41 | 材料 | Comments(5)
2012年 02月 21日

受け継がれる職人の技

ちょっと前の話になりますが、
建築において、「やってはいけないこと」 なんどかお話してきましたが、
板材には、必ず木表、木裏が出来てしまいます。
大工は、床材に木裏材を使用することは、「ダメ」と教わってきました。

ある日、現場に建具屋さんが、コタツのやぐらを搬入して、いきなりの話。
   「やぐら、材の使い方まちがってはいけないんだ」と。。

赤い矢印側が、木表になっています。
この材柾目使いなのでさほど影響はないものですが、やはり職人です。受け継がれているんですね。



c0228241_05623.jpg


by sumi-ka2008 | 2012-02-21 23:59 | 職人技 | Comments(2)
2012年 02月 19日

YAMABOKU

住み家の仲間で、いってきました。
今回、リクエストがありYAMABOKUへ、このスキー場は、マニアにはたまらないコースなのです。
全体の70%が非圧雪バーンとなっています。

この日午前4時、車外ー15℃車内ウインドウは、暖房入ってますがバリバリに凍り付いています。005.gif
c0228241_2237174.jpg

日中は、晴天につき雪もゆるんでしまった。すこし重たい。  影絵GENです。
c0228241_22393850.jpg

上部からYAMABOKUベースを見下ろすと!ミニチュアーみたいに見えます。
この斜度、38度につき転べば、背中で下まで滑走出来ます。041.gif
c0228241_22433473.jpg


by sumi-ka2008 | 2012-02-19 22:44 | スノーボード | Comments(8)
2012年 02月 18日

c0228241_20451683.jpg

120角檜柱、小平の家には、和室はないのですが、12本の化粧柱がある
等級で言うと「上小節」となる。
この12本の柱、それぞれに個性がある、なんどもなんどもひっくり返して、

この家に使用するために、もう、何年前になるか?、、ようやく役名をはたすことに。

by sumi-ka2008 | 2012-02-18 21:20 | 小平の家 | Comments(2)
2012年 02月 17日

木の家研究会

昨日は、住み家が協賛加入いたしています「NPO法人家づくりの会」の
「木の研究会」会合が、(株)木童でございました。
住み家からは、代表が出席しました。

「木の研究会」住宅建築家9名による 24坪の家を1、500万円台で建築する
無垢の木、自然素材、厳選された素材。使用を透明化し各建築家が決めた図面、使用通りの家を実現する企画です。
本物の家づくり検討されてます方、一度検討の価値ありです。
まずは、パンフレットほしいと思います方「住み家」にもあります。
ご連絡くだされば、お送りいたします。
c0228241_2124368.jpg
c0228241_21326.jpg


by sumi-ka2008 | 2012-02-17 21:03 | お知らせ | Comments(2)