大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 29日

低温乾燥材

(大きなサクラの木のある家)は、長期優良住宅仕様と構造材が米松仕様のため
プレカット(工場刻み)の予定でした。その要因は、材木の乾燥にあります。
米松KD材は、手刻みには不向きだと思われるからです。
なぜ不向きかは、これまで何度かその理由を書ましたが、もう一度
高温乾燥処理された材は、材の中心に大きなひび割れが潜んでいるんです。
手刻みでは、材の中心が継ぎ手の重要な部分なんです。
手刻みでは、とのお話も有り捜しました。
ありました。
米松低温乾燥材!
高温乾燥材との違いは、自然乾燥材に近い色合い、繊維が生きている状態ですね。
c0228241_2045118.jpg

手刻みで、進める事になったようです。
建て方1月下旬になると思います。

by sumi-ka2008 | 2014-11-29 20:46 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(4)
2014年 11月 26日

5周年

住み家ブログ(大工のひとりごと)本日、満5年となりました。
投稿開始から804回目の投稿となります。
2.28日に一回の投稿となります。
現在では、このようなランキングに登場することもあります。
c0228241_19464585.png

皆様方のご訪問に感謝いたします。
家造りに役立つ事、を中心に自然、遊びなど幅広いジャンルで
毎日投稿を目標にがんばってまいります。
これからも、どうぞ(大工のひとりごと)おたのしみください040.gif

by sumi-ka2008 | 2014-11-26 20:00 | ごあいさつ | Comments(2)
2014年 11月 25日

地鎮祭

今日は朝から小雨となりましたが、(大きなサクラの木のある家)の
地鎮祭がおこなわれました。
年内基礎工事をおこない来春早々の建て方となります。
c0228241_20481974.jpg


by sumi-ka2008 | 2014-11-25 20:48 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(2)
2014年 11月 24日

白木の鎌鍬鋤

(大きなサクラの木のある家)明日の地鎮祭を迎える為、地縄張りでした。
地縄張りとは、敷地に家がどの位置にどの向きに建つか
位置決め家の角々に杭を打ち縄を張ります(水糸)
そして、昨日の日曜日には、地鎮祭に使用します鎌,鍬、鋤の制作でした。
鉄でできた鎌鍬でもよいのですが、大工としての私たち、やはり手作りの白木の
鍬鎌が良いと前々からの思いがあり制作に至りました。
c0228241_20249100.jpg


by sumi-ka2008 | 2014-11-24 20:27 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(4)
2014年 11月 22日

伐採見学会

今日は、天竜市にあります(有限会社アマノ)製材所さんご招待の
伐採見学へ住み家から3名参加してまいりました。天竜材は、
日本人工三大美林の一つといわれています。
今日は、関東近辺から100人ほどの見学者が訪れていました。
60年超えの大木を伐採する様子は、圧巻です。
c0228241_21431970.jpg
c0228241_21433455.jpg

伐採終了後山林内でBQで懇親会、そんな中木挽きさんの
知恵など学びました。
山の七輪とでも言うものですね。生木を使って煮炊きができるんですって。
c0228241_21522592.jpg

よく考えられていますね。
赤身の油脂の多い部分は良く燃えて、白身の水気の多い部位は、
燃えないそうです。  

by sumi-ka2008 | 2014-11-22 21:56 | 色々 | Comments(2)
2014年 11月 21日

大工手壊し現場

解体の現場、本日整地まで終了いたしました。
一部増築された部分のコンクリート解体で出た産廃が
処分出来ず来週に持ち越しとなりました。
産業廃棄社さんも現在大変いそがしい状態のため
我が社の仕事だけ優先もできないわけです、
それでも本日2台配送してくださいました。
この先オリンピックを控えていますからオリンピックの始まる
までは、だんだんと厳しい時代となるとおもいます。
これから6年間は、要注意となりますね。
とりあえず25日の地鎮祭の行えるようになって一安心001.gif
c0228241_21535557.jpg

また、この家はこの先。(大きなサクラの木のある家)として
作業日誌投稿して行きます。

by sumi-ka2008 | 2014-11-21 21:59 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(2)
2014年 11月 17日

解体順調

解体の現場天気に恵まれて順調にすすんでいる。
このまま天気続いてほしいものだ。
本体の解体は終了し一部基礎を解体するだけと
なっています。
c0228241_2238149.jpg

90年前に建てられた部分にも当時のコンクリート製の
基礎が外周部分に残っていて、強烈に硬い007.gif
建物内部は、石場建てとなっていましたが、この石も
コンクリートで根巻きしてありました。
c0228241_22495269.jpg

90年前の建物としては、コンクリート、ボルト使用と、、
震災で倒れたために、いろいろ考えたことでしょうね。

by sumi-ka2008 | 2014-11-17 22:58 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(2)
2014年 11月 12日

丸鋸製材

解体の現場、地鎮祭まで10日ほどとなってしまいました。
建物解体は、あと4日ほど用すると、、
基礎の解体などなど今少しかかりそうです。
大正末期に建築された当時の生産体制などを考えながら
当時の大工さんの仕事ぶりが目に浮かびます。
この家の桁廻りに使われた材は、丸鋸製材です。
この丸鋸製材も水車なのか発動機なのか解りませんが
大きな丸鋸製材の鋸目がくっきりと残っています。
c0228241_21531011.jpg


by sumi-ka2008 | 2014-11-12 21:57 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(0)
2014年 11月 08日

冬近し

おやすみバージョン。
本日の現場では、寒い寒い一日でした。
もう、今年も50日あまりとなってしまいました。
冬支度とあいなりまして、今日届いた品物で~す。
c0228241_22355493.jpg

バインヂング、バートンCARTEL,LTD限定モデル
10数年ぶりの新調品となります。
この映像では、何の事やら解らない方もいるかも知れませんね。
これは、スノーボードの板と足を縛り付ける機具です。
006.gif006.gif

by sumi-ka2008 | 2014-11-08 22:45 | スノーボード | Comments(6)
2014年 11月 04日

200年前の材

解体の現場!内部、外部の壁面解体ほぼ終了
現在屋根の銅板はがしの最中。
屋根は垂木上、30数年前に葺き替えています。
c0228241_22353432.jpg

とても美しい梁組みが現れました。
関東大震災で倒れた家の建て替えに、使える材は再利用したそうで
その名残が見てとれます。
以前の家は、200年ほど前に建てられたと言うことです。
やはり無垢材はすばらしいんですね。
200年の時が過ぎても朽ちる事無くしっかりと耐えています。
このような解体をしながら、現代の家造りに置き換えて、いろいろ
考えさせられます。

More考えのつずき

by sumi-ka2008 | 2014-11-04 23:01 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(2)