大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 24日

1024  杉、杉

今「住み家」では、多摩産材の杉材で手刻み中ですが、
その作業場廻りには、手入れのされていない杉林が広がります。
手入れのいきとどかない杉林は、枝、葉も多い!

今年夏は猛暑につき、来春杉花粉は、例年の5倍~10倍とも言われています。
杉の木を見上げると、新芽のごとく若草色に、杉の実がビッシリと!007.gif
c0228241_13123658.jpg


建築業界、国産杉材を大いに使用して、無花粉杉への植え替えに期待したいものですね。
[PR]

by sumi-ka2008 | 2010-10-24 21:17 | 自然 | Comments(2)
Commented by コマタロウ at 2010-10-25 23:33 x
実りの秋??
立派に育った杉の実ですね。
もしかしてこの実が来年の春になると
アノ花粉を所かまわず振りまく事になるんですね。
春になると「杉花粉」と格闘して約半世紀。
「花粉症」の病名がない時代から発症していた
花粉症の「元祖」かも。
来年の春は例年の2倍~10倍の花粉が・・・。
誰か何とかして下さ~い
花粉のない国に行きたいよ~。

Commented by sumi-ka2008 at 2010-10-26 20:31
私も、すぎかふんには悩まされております。
来春には、杉花粉が多いだけでなく、飛散も早いかもしれませんね。  
私たち、建築にたずさわる者としては、せいぜい杉材をたくさん使用するだけですね。
杉山主さん、せめて枝払いだけでもお願いします。


<< 1026  基礎工事      1021  追っかけ大栓継ぎ >>