大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 27日

1027  強いんです!

ヤマベ木構造、山辺豊彦さん著者による
「木造住宅の構造設計」の本です。
「住み家」で、得意としてます手刻みにおいて、実に良い内容を目にしました。
ほんの一例ですが、次の画面に注目ください!
画面をクリックすると拡大できます。045.gif
 梁端接合の支持耐力一覧です。

左側上より、2益目のBG2をごらんください
一般的にプレカット加工+Dボルト使用の仕口です。
長期許容支持耐力11,6KNとあります。
c0228241_133155.jpg


次に、一番下のTG2をご覧ください、大工による一般的手刻み加工の接合部分です。
長期許容支持耐力11,4KNとなってます。
しかも、ボルトしの数値です。

細かい条件はありますが、プレカット加工は精度が良く強いと思われてますが、ボルト無しの同じ条件ですと,プレカットの(BG1)9,2KN
大工手刻みのほうが、強いんです。038.gif
「住み家」では、精度UPには、かなりの時間をかけることにしてます。
[PR]

by sumi-ka2008 | 2010-10-27 21:46 | 手刻み | Comments(0)


<< 1029  一瞬の出来事!      1026  基礎工事 >>