大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 17日

0117  竿縁天井

東村山の家、現在和室の天井貼りが進んでおります。
和室の天井に関しては、すべて杉赤身使用で施工してます。赤身で色合いを統一させたものです。
c0228241_2030893.jpg

竿縁天井には、杉無垢材が良いですね。
天井板杉中杢280mmx9mmx4000を仕上げたものです。
杉中杢、長尺のため木目のつながりが綺麗!
c0228241_20391587.jpg

竿縁には、建具材として製材された杉柾材を使用しています。
一般建築造作材と違って非常に柾目が綺麗です。
四方柾で使用してますので綺麗です。
画面クリックしてみてください綺麗な材です。038.gif
[PR]

by sumi-ka2008 | 2011-01-17 20:47 | 東村山の家 M邸 | Comments(4)
Commented by Analog at 2011-01-17 21:34 x
やっぱり杉は見ても温もりを感じますね。しかもこの幅で赤みとは…材料集めも大変だったのでは?
完成が楽しみです。
Commented by sumi-ka2008 at 2011-01-17 23:24
Analogさん、杉は温もり感じますね。
また杉材は、いくらでも流通してますが、イザ、使うとなると非常に難しいものでもあります。
その木の良さも、見る人によってそれぞれに変わって来ますし、、、材の使い方によっては、もろいものですし、また強いものでもありますし、使い方を間違えなければ、ほんとによい物ですね。


Commented by ひぐ太 at 2011-01-21 16:12 x
いや~。素晴らしいですね~。
本当に見事な天井で。。。
近々、現場にお邪魔させていただきま~す。
Commented by sumi-ka2008 at 2011-01-21 20:21
ひぐ太さん、お疲れさまでした。
オール赤身で貼り上がりました。このようにオール赤身で
貼り上がることあまりないと思いますね。
良い和室になりますね。


<< 0120  天然乾燥を求めて!      0116  いつの間にやら! >>