大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 10日

0210  階段

c0228241_2154581.jpg
東村山の家、現在階段制作中です。
階段材、40mm厚檜無節材です 廻り階段巾剥ぎ加工
250mm巾の段板、できる限り赤身部位で加工、辺材はカットして!





c0228241_21221042.jpg

写真でわかるように家の角が2対1に変形した場所に階段が設置されてます。
2階から見下ろすと、いい角度でデザインされてますね。
檜材もとても綺麗です。
[PR]

by sumi-ka2008 | 2011-02-10 21:09 | 東村山の家 M邸 | Comments(2)
Commented by コマタロウ at 2011-02-11 22:30 x
檜 無垢材の階段ですか?。
二階から見下したアングルだと、色のバラつきもなく
モクも整って、まるで某工場で作られた合成材のようですね。
今は、どくから見ても本物と区別のつかないプリント技術が
進歩してるそうですよ。
この階段材は本当に無垢材かな~?。
これはこれは大変失礼致しました。
あんまり綺麗なので。
Commented by sumi-ka2008 at 2011-02-11 23:27
コマタロウさん、ほんと! 最近では無垢材使用の家って全体の何パーセントあるのでしょうね。
昨今の家って、ほとんど紙の圧縮材に、木に見せたプリントが施した物ですってね。
業界の営業マンの方、この家綺麗に見えますが、紙でできてま~す。 なんて、説明しているのでしょうか??

「東村山の家」では、ほぼ無垢材を大工の加工仕上げにて作られております。合板との違いは、日を増す事にその違いがわかることになります。
合板と無垢材、さがせばさほど値の違わない物も手に入るものです。


<< 0212  貴重材      0208  ワインスタンド >>