人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 23日

材の使い方の勉強

受け継がれる職人の技の続きです。
建具屋さんも、私たち大工も教わってきました材料の使い方。

板材は、使い方によって木表にも木裏にもなるのです。
床材に見立てると、写真左が木表、右が木裏となります。
材の使い方の勉強_c0228241_21282044.jpg


では、なぜ人の触れる側に木裏を使用すると「ダメ」なのでしょうか。
わかりやすい模型を作って見ました。

  興味のある方は、 お見せします。

         続きで!



材の使い方の勉強_c0228241_21292693.jpg

 木裏使いますと、このように「はざわかれ」が発生いたします。
特に、杉、サワラ、赤松、など柔らかい材に発生しやすい。

なぜ、「はざわかれ」が発生するかは、おわかりになると思いますが?

こうなるとどのような害が発生するか想像出来ますでしょう。045.gif 

by sumi-ka2008 | 2012-02-23 21:41 | 材料


<< 孫の代まで      受け継がれる職人の技 >>