人気ブログランキング |

大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 25日

孫の代まで

作業場にころがっていた端材!
さて。。これを何に使用するか?
c0228241_203957.jpg

    端材は利用すると製品、利用しないとゴミ。
    
    何が出来るかは、続きで。



c0228241_2084495.jpg
c0228241_2091076.jpg

昨年購入したスイタ砥石の台、この砥石今では貴重品でして、大事に大事に使用しなければなりません041.gif
冬場は、使用後布でふいて、乾かし毛布にくるんで管理しなければいけないそうです。027.gif
この砥石だと、なくしたり、壊したりしなければ、孫の代まで使える037.gif

by sumi-ka2008 | 2012-02-25 20:26 | 道具 | Comments(2)
Commented by rain310 at 2012-02-25 21:20
刃物を扱う職人さんに「砥石」って必需品ですよね
スイタ砥石と言うのは大工専用の砥石なのですか?
息子が仕事上…魚を下ろしたりするので自分の包丁を砥石で研いでいます…私はやったことないですけど…f^^;
小学生の頃に母が木の鰹削り節器を大工さんに直してもらう!
と言っていて…あの頃は意味不明でしたが棟梁の鉋を見て
なるほど!♪と何十年の時を得て理解できました(^^;)
砥石ってデリケートなんですね
孫の代まで大事大事。。。
Commented by sumi-ka2008 at 2012-02-25 23:15
rainさん、「スイタ砥石」大工専用ではないと思います。
刃物を手にする人にとってスイタ砥石は、ほしくなる一品です。
このような仕上げ砥石、産地も限られていて、スイタも現在採掘されていないようです。

そうです。砥石ってデリケートなんですよ。
冬場には、水分は禁物凍みてバラバラに砕けてしまいます。

      この砥石、鉋専用となりますね。



<< 日曜日バージョン      材の使い方の勉強 >>