人気ブログランキング |

大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 26日

猿&イナゴが守る家

本日我が町では、クマが目撃されたらしい。

そして、現場では、猿とイナゴが住み着く家が進行中!037.gif

今日は、猿のお話から、イナゴは後日041.gif

c0228241_21264456.jpg


天井板、廻縁秋田杉です。秋田方面からきた杉材ではなく本物の銘木秋田杉です。

この和室、ご夫婦共に茶道をやられているそうで、京間作りになっています。

この天井にサルが006.gif

知りたい方は続きで、、






c0228241_2123464.jpg

絵心のある私が書きました041.gif

これが、猿棒と言います竿縁材の切り小口です。。

この小口が猿の顔だちににていることから猿棒と言われているわけですね。

この形は、設計事務所さん指定です。形もいろいろです。

竿縁天井のランク上位に位置する物ですね。

c0228241_21312080.jpg


近くで見るとコ~ンな感じです。

次回は、イナゴについて、この天井にイナゴが隠れているんですヨわかるかな?041.gif

by sumi-ka2008 | 2012-09-26 21:35 | 西つつじヶ丘の家 | Comments(2)
Commented by rain310 at 2012-09-27 20:53
クロス貼りの天井に長く住んでいます…(^^;)
旅館や京都で見たお寺の天井は凄かったですね。。。
和室の天井は目透かし天井しか思いつかなくて…(^^;)
竿縁天井…また一つお勉強です♪  
(φ(..。)カキカキ
Commented by sumi-ka2008 at 2012-09-27 21:45
rainさん、
この竿縁天井、今では少なくなりましたね。
私が大工を始めた頃から、新建材なるものが発達して。
敷目天井が取って変わったためですね。
住み家では最近竿縁天井の仕事が多いのですが、
竿縁天井って知らない大工も昨今多いのではないでしょうかね。


<< 秋のイナゴ      赤身vs白身 >>