大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 08日

月山の美談

下からは、雲に見えますが、山頂ではクラッシュアイスの嵐なんであります。005.gif
c0228241_2211559.jpg

月山続きます。
標高2000m近い山は、とても危険
一瞬で雲がかかり風がふく、この日の月山山頂は。
とんでもない強風が吹き荒れていました。
山頂で、強風にふ飛ばされた彼、、なにやらソ~と両手で包み込んだ
その行動が、何とも奇妙で近づいて見ると
彼の手の中にシジュウカラが、、、
寒さで飛べなくなり瀕死の状態、、その小鳥をポケットに入れて里まで
連れて行くことに、、、結果は?
里の小鳥が上昇気流に乗ってしまったんでしょうね。
c0228241_22345671.jpg

そしてこの強風は芸術家でも有ります。
山頂一帯このような芸術が。
[PR]

by sumi-ka2008 | 2013-05-08 22:38 | スノーボード | Comments(6)
Commented by rain310 at 2013-05-09 22:51
凄い風が吹いていたんだね…
シジュウカラ…大丈夫でしたか?
過酷な状況の中にいながら小さな生き物を守る強さ
偉いですね凄いです。。。♪
Commented by sumi-ka2008 at 2013-05-10 21:07
チジュウカラ、残念ながら山を降りた時には
天国に召されておりました(>_< )
あの状況では、たすかりませんよね。
Commented by rain310 at 2013-05-10 21:24
そうでしたか…。
吹き荒れた強風の日には…棟梁もお気をつけて下さいネ
怪我しないように。。。
Commented by べあ at 2013-05-10 23:02 x
 ほんと!!  二度と怪我をしないように!!

 気をつけてくださいね。
Commented by sumi-ka2008 at 2013-05-11 00:18
rainサン、チジュじゃなくシジュウカラでした(^_^;)
たすかっていれば、いまごろ…
シジュウカラの恩返しがあった…かも♪
Commented by sumi-ka2008 at 2013-05-11 00:29
べあさん、その節はご心配おかけしました
今では、このような過酷な山も登ることが出来るように
なりました。
これからも、歩ける事に感謝しながら楽しんで行きます。


<< 進行状況      月山3 >>