大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 29日

低温乾燥材

(大きなサクラの木のある家)は、長期優良住宅仕様と構造材が米松仕様のため
プレカット(工場刻み)の予定でした。その要因は、材木の乾燥にあります。
米松KD材は、手刻みには不向きだと思われるからです。
なぜ不向きかは、これまで何度かその理由を書ましたが、もう一度
高温乾燥処理された材は、材の中心に大きなひび割れが潜んでいるんです。
手刻みでは、材の中心が継ぎ手の重要な部分なんです。
手刻みでは、とのお話も有り捜しました。
ありました。
米松低温乾燥材!
高温乾燥材との違いは、自然乾燥材に近い色合い、繊維が生きている状態ですね。
c0228241_2045118.jpg

手刻みで、進める事になったようです。
建て方1月下旬になると思います。
[PR]

by sumi-ka2008 | 2014-11-29 20:46 | 大きなサクラの木のある家 | Comments(4)
Commented by komako321 at 2014-12-07 10:02
手刻みで作る家、お力が存分に発揮できますね。ゆっくり経過を報告してください。一軒の家がどう建てられるのか、見てみたいです。
Commented by sumi-ka2008 at 2014-12-07 20:10
komako321さん、ここ数ヵ月のいそがしさと寒さに風邪をひき
ダウンして、ブログも停止状態です。
来週から手刻みに取りかかります。体調ととのえてまた頑張ります
おまちください。(^_-)
Commented by rain310 at 2014-12-07 23:46
手刻みで忙しくされていると思ってました…(^^;)
早く風邪を完治して…
それから…仕事です
健康が一番ですから(*^^*)v
美味しいの沢山食べて早く良くなって下さいネ♪。。。
あっ…お薬もちゃんと飲んで下さいね。。。
大工さんって…薬嫌いな人…結構いるんですよね(^^;)
Commented by sumi-ka2008 at 2014-12-08 00:09
rainさん、ご心配ありがとうございます。
病院行かず薬飲まずでこのざまです。^_^;
火曜日には材が搬入されますが、はやく体調ととのえて
行かねば。。と 又バンバン投稿していきますご期待下さいませ(^_-)


<< 乾燥室着工      5周年 >>