大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 29日

薪ストーブ

c0228241_1913220.jpg

今日が住み家のご用納めとなります。
そんな今日の作業場にとどいたもの、大きなドラム缶ほどある
薪ストーブ。。
この薪ストーブは、材の乾燥室に設置するものです。
この薪ストーブ、約40畳ほどの室内暖房が目安だそうですが。
ストーブは、500度近くに達するそうで、住み家の乾燥室は、16畳ですから
かなりの室温になるのではないかと期待しています。
ただし、今からの心配は、薪の補充がどの位の時間か、と言うことですね。
薪係りが必要だと、仕事にならない042.gif
この冬場に完成すると良いのですが、合間に造っていますので、
まだまだ、、先が見えない039.gif
[PR]

by sumi-ka2008 | 2014-12-29 19:35 | 材料 | Comments(2)
Commented by komako321 at 2015-01-01 16:02
大きな薪ストーブですね。やはり、温度は高い方が材はよく、うまい具合に乾燥するのですか?
Commented by sumi-ka2008 at 2015-01-01 17:01
komako321さん、高温だと乾き良いと思いますが、薪ストーブですから
24時間管理出来ないし、作業場で仕事している時に限りなど問題も…
使えるようになったら、いろいろ研究してみます。


<< 行く年      進化 >>