大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 29日

卒業、修了。

桜の花も咲き始め、卒業の季節ですが、先週は住み家の見習い君(東京建築カレッジ)生
(無事に卒業できました)と報告があり引きつずき住み家で修行させてくださいと言う事で
住み家で、修業する事になりました。
そして、今日は大工育成塾の塾生の修了式が都内で行われました。
塾生たちは、大工志の称号が与えられて、松田塾長さんから立派な大工を志てほしいと
言葉をいただいていました。頑張ってほしいですね。
c0228241_20203653.jpg

c0228241_2023611.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2016-03-29 20:29 | 塾生&カレッジ生 | Comments(2)
Commented by komako321 at 2016-03-30 15:24
晴れがましい気持ちになったでしょうね。棟梁は指導した甲斐があることでしょう。みなさん立派な大工さんになる、その決意の表情です。がんばってください。
Commented by sumi-ka2008 at 2016-03-30 16:44
彼らは、ようやく一歩踏み出した所だと思います。
これかが、ほんとうの修練の時間だと思います。
時間と共に対価に見合う仕事をしなくてはならなくなりますから、
しっかりと仕事を身につけなくてはいけません、これから頑張りどこです。
とは言っても、全ての大工さんが通った道です。努力有るのみです。頑張る事でしょう。


<< 昭和の置き土産      無垢材の復活 >>