大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 05日

昨日、板金屋さんより連絡が入り今から鬼を上げ取り付けるとなり
様子を見るために行って来ました。
この古民家の改修工事のきっかけとなった屋根です。
板金の限界が来ていた訳です。
大波の鋼板から今回は、ガルバリウム鋼板平葺きになりました。
この鬼は、前回に取り付けていた物と同等の大きさですが、幾分高さが高く
なりました。実に堂々とした鬼ですね。
c0228241_20181714.jpg
c0228241_2018597.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2016-08-05 20:21 | 相模原の古民家 | Comments(0)


<< オオブタクサ      松阪から >>