大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 25日

板倉造りの家

この家は、初の板倉造りの家です。
板倉工法は、建て方までが大変です。上棟が終われば7割方終了したようなものです。
その工法は、筋交いレスで柱間にパネル化した30mm厚の板を落とし込んで組上げて行くものです。
この手刻みは、建て方のイメージをしながら墨付け&刻みを行っています。

c0228241_19323110.jpg
c0228241_19330782.jpg





c0228241_21185679.jpg
前にも書いたように3年前から集めて自然乾燥させた材の厚みは、150mmあります。
全ての材が、工場でモルダー加工された材ではなく全て大工による削り出しで作られています。
竣工時には、ほとんど化粧材として表しになります。
引き寄せ、締め付けには勿論ボルト使用しますが、化粧で見える場所でのボルトは見えなく隠しボルトになります。
c0228241_21203342.jpg
通し柱接続部の接続は、短ほぞ仕様です。これは組み上げる時の無理が生じない作です。
隠しボルトで引き寄せします。

情報
この家は、板倉造りの良さを知っている方、又は板倉造りとは何ぞや、と、思っている方、シックハウスについてなど
興味のある方には、絶好の機会です、興味のある方はご連絡頂ければ何時でも見学可能です。
板倉造りの利点などもお話しできるとおもいます。

[PR]

by sumi-ka2008 | 2018-10-25 19:59 | 境川沿いの家 | Comments(0)


<< 紅白のミゾソバ      家造りお役立ち情報 >>