大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 20日

ヤマボウシ

今日の午前中には、神奈川土建での健康診断があり健診を受けて
午後から相模湖方面に行く機会があり行っての帰り道、深い緑の山肌に
真っ白な花が目立ちました。
この花は、山に小型飛行機が墜落したようだと通報騒ぎも起きた事のあるヤマボウシの花
直径7~8㎝ほどもある花の集合体、白い機体に見えるのもわかるような。
この時期には、マタタビの白い葉っぱと相まって緑の多い我が町では、よく目立つ花です。
c0228241_21291882.jpg

[PR]

# by sumi-ka2008 | 2018-05-20 21:48 | 自然 | Comments(5)
2018年 05月 08日

ヤギは飼えないお家

久しぶりの投稿になります。
ちょつとサボっていると、、まっ、いいか、て事で、、

大工になって初めて使用する部材について書いてみます。
今の時代の建築で使われる建材、床材、ドア枠、サッシ枠、巾木、見切り、ドアなど
全て紙でできている事を家を建てる施主は知っているんでしょうか?
c0228241_22314498.jpg
一見綺麗な木枠に見える窓枠材ですが、紙の圧縮板にプリントされた極薄のビニールシートが貼られて
いるんですね。大工の技術など全くいりません。削る、材の癖を見極める事もなく切って組むだけ
後は、どれだけ早く組み立てるかだけ、、
c0228241_22322374.jpg
c0228241_22320412.jpg
それが、良いとか悪いとか言う事ではなないのですが、この様な紙でできた建材が生まれたのか?
ハウスメーカーがクレーム対策として生まれたとも聞いています。
無垢材の、曲がる、反る、割れる、やせる、などの無いシート版は理に叶っているわけですね。
クレームが、多かったのでしょうね。
日本の産業においては、下がる所があれば上がる所がある訳で、均整は取れるのでしょうが、
刃物製造、大工技術、林業などの技術低下を招いてしまいます。
この様な技術低下は、何十年スパンでの回復は望めないのです。
そんな事を言いながら、紙の枠材を切っている私がいる。119.png


[PR]

# by sumi-ka2008 | 2018-05-08 23:34 | 材料 | Comments(2)
2018年 04月 22日

上溝桜(ウワミズザクラ)

今の時期満開を迎えている作業場脇に咲く(上溝桜)ウワミズザクラ
c0228241_19391245.jpg
c0228241_19393095.jpg
花の集合体で筒状にに咲くので桜には見えない桜ですね。
上溝桜は、バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木和名は、古代の亀卜(亀甲占い)で
溝を彫った板(波波迦)に使われた事に由来する。そうです。

[PR]

# by sumi-ka2008 | 2018-04-22 20:08 | 自然 | Comments(4)