大工のひとりごと

sumika2008.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:道具( 48 )


2018年 08月 13日

面直し

今日は、お宝のつずきです。
昨日,日曜のため作業場で、お宝砥石のメンテをしました。
砥石3丁面直しと砥試しです。
3丁とも使用した形跡ありですが、3丁それぞれ使用のしかたが違います。
使用の目的が全く違っているんです。
面直し途中の写真で比較するとわかると思います。
c0228241_20382957.jpg
c0228241_20384993.jpg
c0228241_20402845.jpg
大工の使う砥石は、面を真っ平にしないと使えません。
この砥石は、大工さんが使用した物ではないようですね。
試し砥をした感想は、3丁共に大工が刃物を研ぐに最適な硬さでした。
上の2丁、産地はわかりませんが、同じ産地の砥石だと思います。
この2丁は、上質な砥石です。お宝です。
一番下の砥石は、青砥と言われる物でしょう。




[PR]

by sumi-ka2008 | 2018-08-13 21:01 | 道具 | Comments(0)
2018年 08月 07日

お宝

今日のブログは、お宝が出たです。
現在、【境川沿いの家】に建っている建物を解体する為の
工事がはじまっています。
内部は、生活していた状況のままで、何かお宝があればと期待していました。
出ました、出ました。箱から見ると昭和時代の置き土産でしょう。
仕上げ砥石3丁です。
c0228241_20502588.jpg
昭和の時代には沢山採掘された天然砥石も最近では、採掘も少ないと思います。
さて、現在の価格にするといかほどになるんでしょうね。
ちなみに、一番左の砥石の昭和時代のお値段が30,000とレッテルが有ります。
c0228241_20504826.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2018-08-07 21:14 | 道具 | Comments(0)
2017年 10月 03日

化ける道具

今日は数年前に手に入った鉋の事なんです。
名が(黒潮)といいますが、製作者がわかりません。
当時早々に研いで使ってみたのですが、とても刃の硬い鉋で、刃こぼれのする鉋のため
放置しておいたのです。
今回大きな節のある桧材を削るため刃が痛んで良しで、黒潮を使ってみました。
刃が硬い為切れ味は鋭いわけです。
切れない鉋は、化ける事ないんですが、キレの鋭い鉋は化ける事があります。
そう、この黒潮鉋、化けたんです。
この先仕上げ鉋として使って行けそうです。
昔からよく言われていますが、鉋直ぐに見極めできないと言います。
c0228241_20231621.jpg
c0228241_20245026.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2017-10-03 20:46 | 道具 | Comments(0)
2017年 07月 24日

ダルマ玄翁

緑山の家)の手刻みも進んでいます。
ここ数日いろんなお待ちいただいていた仕事も平行して進めています。
まだお待ちいただいています方順次お伺いいたします。
c0228241_21414318.jpg
c0228241_21412903.jpg
仕事時間も終わって道具の手入れをしています。
職人さんから頂いたダルマ玄翁に柄を付けています。
玄翁の重さは、細かい細工のノミ打ちに良いサイズです。
彼は、ある目的のために柄付けしています。

[PR]

by sumi-ka2008 | 2017-07-24 21:55 | 道具 | Comments(0)
2017年 05月 26日

大台

今日は、雨の為予定変更することになり午後からは、作業場となりました。
車から電動工具をおろすのは、車検とか現場のつなぎ目などです。
しばらく使用しない工具を物置に搬入して、前から気になっていた事に今ある電動工具が
なくなったとして、新たに同じだけ購入したらどの位の金額になるのだろうと言う事で、
(現役で使用できる電動工具)(動力機械は含みません)
現在のカタログの(定価)で計算してみました。
c0228241_21330817.jpg
さて、その金額は、、大台をはるかに超えるものでした。
長くに一台一台買い集めた金額におどろきました。
そして、長くの間には廃棄した工具も沢山あるわけですからね。
で、どろぼうさん、今持って行ってもいくらにもなりません104.png


[PR]

by sumi-ka2008 | 2017-05-26 22:09 | 道具 | Comments(0)
2017年 05月 15日

内視鏡手術

いそがしいとは言ってもブログ更新できないほどではございません(^-^;
少しのサボりでございます。
今日は最近使用する機会があり大変役に立ちました道具です。
ペンキ工事も終了した天井から電線捜す為に。
内視鏡です。使用中の画像撮影するほど余裕もありませんでした。医療用の内視鏡
みたいにカメラレンズが自在に動いてくれればよいのですが、
それは、安物の宿命ですね。
小さなモニター画面では、どちらを向いているのかもわかりずらいわけで、
でも、お役にたちました。169.png

c0228241_19370103.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2017-05-15 20:13 | 道具 | Comments(0)
2017年 03月 16日

スムーサー

c0228241_20484512.jpg
自社施工床暖房工事ですが、いろんな工具が必要となります。
工具のネーミングになるほどね~と感心するものがあります、
この床暖房は、樹脂管内をお湯を巡回させるタイプで、接続は差し込むだけです。
差し込むだけと言う事は、それなりに簡単に差し込めるわけはございません。
そこで登場するのが、スムーサーと言う工具です。
c0228241_20493723.jpg
感心するネーミングですね。
スムーズに差し込み完了となります。


[PR]

by sumi-ka2008 | 2017-03-16 21:29 | 道具 | Comments(0)
2016年 09月 07日

名工の手がける道具

市場に出入りする金物屋さん最近会っていなかった為
今日作業場に訪ねて来てくれました。
この金物屋さんからここ数年沢山の大工道具を買い入れしてます。
この日も車に詰め込んだ道具を見せてくれましたが、
この道具たちは、もう趣味の領域となります。
c0228241_21314833.jpg
c0228241_2132920.jpg

他にも鉋20万円、天然砥石などとても手の届かないお値段です。(◞‸◟)
名も重さも忘れましたが、この中玄翁のお値段いかほどとおもいますか?

c0228241_21411711.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2016-09-07 21:43 | 道具 | Comments(2)
2016年 07月 08日

扇風機

梅雨あけは今少しですが、この時期が一番体力を消耗しますね。
現場も足場シート、雨除けのブルーシート、筋交いも終わり耐力壁の合板などが
張られはじめて、風も抜けません。暑いですね。
現場には、小さな冷蔵庫も完備して対応しています。
そんな現場にニューの扇風機が届きました。
c0228241_23161941.jpg
c0228241_23202961.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2016-07-08 23:17 | 道具 | Comments(2)
2016年 05月 23日

トルクレンチ

現在相模原市内でもう一棟新築の現場が進んでいますが、こちらは
現場の内容の投稿は、いたしませんが、職人さんの家族の方もご訪問くださっています
作業日誌として職方の仕事風景を投稿していきたいとおもいます。
今日は、建築カレッジを卒業して、この4月から改めて住み家で修行したいと言う事で
働いています井上君。
今日一日かけて土台アンカーのボルトの締め付けを黙々とこなしていました。
えっ。。と思う事でしょうね、一日かけてボルト締め付けと聞けば、、
でもね。一日かかる仕事なんです。(ーー;)
初おろしのトルクレンチもさわれないほど熱をもつほど、、、
c0228241_21244720.jpg

[PR]

by sumi-ka2008 | 2016-05-23 21:38 | 道具 | Comments(2)